相続登記、相続に関する手続き、不動産の名義変更、会社登記の司法書士シーガル法務事務所|神奈川県藤沢市-相続による不動産の名義変更

相続による不動産の名義変更

 法定相続、遺言、遺産分割等により、不動産を相続する方が確定しましたら、その不動産の
所在地の管轄法務局にて相続を原因とする不動産の名義変更(相続登記手続き)を行います。

LinkIcon相続登記の費用についてはこちら

1.相続登記手続きの流れ

①相続の対象となる不動産を確定します。
→権利証等の記載から相続する対象不動産を確認、特定します。
      ↓
②戸籍謄本等を収集して、相続人を確定します。
→相続人の出生から死亡までの戸籍(除籍)謄本や相続人の戸籍などを収集して、相続人を
確定させます。戸籍等の収集は、ご要望があれば当事務所で代行させて頂きます。
      ↓
③相続人が確定したら遺産分割協議書を作成します。
(※法定相続分で相続する場合、遺言が存在するこの書類は不要です。)
→不動産を法定相続分以外の割合で名義変更する場合には、相続人全員による遺産分割
協議書が必要です。その協議の結果を書面にしたもの(遺産分割協議書)は登記申請の添付
書類となります。ご依頼人様の協議内容を伺いまして、当事務所にて遺産分割協議書を作成し、
その協議書に相続人様全員のご署名、ご捺印(実印)を頂きます。
      ↓
④登記必要書類を揃えます。
→上記②の戸籍謄本等、③の遺産分割協議書の他、登記に必要な書類を揃え、登記申請
の準備を致します。
      ↓
⑤不動産の管轄法務局に登記申請をします。
      ↓
⑥登記が完了しましたら、書類をご返却致します。
→登記申請から1~2週間後に登記が完了します。登記完了後法務局から交付されます「登
記識別情報」をご依頼人様にお渡しします。

〔備考〕
 お亡くなりになった方が遺言書を残されている場合には、上記③の遺産分割協議書の作成は
不要です。但し、その遺言書が公正証書遺言以外の方式で作成されている場合には、前提とし
て、家庭裁判所での検認手続が必要です。


2.相続登記に必要な書類

【お亡くなりになった方の書類】
①出生から死亡までの戸籍(除籍)謄本
②住民票除票 または 戸籍の附票

【相続人の書類】
①戸籍謄本(被相続人と同一戸籍に記載のある方は別途ご用意頂く必要はありません)
②相続不動産を取得する人の住民票 または 戸籍の附票

【その他】ご依頼人様の状況によって必要となる書類が異なります。
①固定資産評価証明書
②遺言書(遺言書が存在する場合)
③遺産分割協議書+印鑑証明書(遺産分割協議を行った場合)
④相続放棄申述受理証明書(相続放棄者がいる場合)
⑤特別受益者作成による相続分がない旨の証明書+印鑑証明書(特別受益者がある場合)
⑥共同相続人全員の寄与分に関する協議書+印鑑証明書 または家庭裁判所の審判書
 もしくは調停調書正本又は謄本(寄与分を有する者がいる場合)  

等・・・


LinkIconお問合わせ
LinkIconこのページの先頭へ

LinkIconホームへ



エンディングノートを贈呈中!

無料相談にお申し込み下さった方、ご依頼人様には『~「もしも」のときに備えるための~熟年世代の人生ノート』を贈呈致します。

『熟年世代の人生ノート』とは、あなたが【あなたのいままで】を振り返り、【あなたのこれから】に備えることをお手伝いをするために製作されたノートです。
あなたの人生をいろいろな角度から見つめ直し、将来に向けて思いを巡らすための一助として、このノートをご活用頂ければ幸いです。
どのページからでも結構です。鉛筆でもボールペンでも構いません。あなたが書きたいページ、書きやすいページから気軽に記入してみて下さい。いろいろと思いを巡らせる中で、あなた自身について、今まで気が付かなかった新しい発見があるかもしれません。
全部書き込めなくても問題ありません。
これは「あなた自身が作るあなたのためだけのノート」なのですから。